better late than never

略してべたれば。5年間引きこもった末にようやく社会復帰。「遅くても何もやらないよりマシ」をモットーに、社会復帰までの経緯や興味関心、今考えていることなどを書いていきます。

【合宿免許】黄色信号が嫌い【23日目】

f:id:JohnRTylor:20171123233228j:plain

2日間更新が空きましたが、いよいよ新潟での最後の夜になりました。
明日の卒検に受かればの話ですが。

正直車の卒検に受かるかどうかは運もかなり関係してくると思います。
というのもバイクと違って、一般道を走って行われるので周りの交通の状況によって走りやすさと、判断の難易度がかなり下がるからです。

もちろん理想は晴れた日に交通量の少ないところを走れることですが、あいにく明日の予報は雨。
時間帯は恐らく10時台に走ることになるでしょうか。
路上ではどのようなことが起こるのか全く見当がつかないため、感覚を研ぎ澄ませておかなくてはなりません。

今日は卒検をうけられるかどうかのみきわめだったんですが、走っている最中にもいくつかイレギュラーなことがおこりました。
コンビニから急に車が飛び出して来て、急ハンドルでよけなくてはならなかったり(よける前に止まれるなら止まれと言われました)、交差点すぐ奥の狭い道でトラックが停車し、それをよけて進もうにも対向車が過ぎるのを待ってから行かなくてはならないのですが、じゃあ信号の手前で待つべきかそれともトラックの少し後ろで待ってから行くべきなのかの判断に迷いました。(結局トラックの後ろで待つことにしたのですが、これに関してはこの対応でよかったと言われました)

信号が変わるタイミングの判断にも困ります。
学科では「黄色は注意じゃなくて止まれだから、進んだら信号無視で即失格」と教わり、実際にそれで落ちた人もいるみたいなので、行くべきか止まるべきか悩むタイミングで信号が変わらないことを祈りいます。
今日は「黄色は止まれ」の意識が強すぎたため、急ブレーキで止まったものの、停止線をオーバーするどころか、交差点の入り口まではみ出してしまい、恐らく検定だとしたらアウトだったでしょう。(この場合は進んじゃった方が良かったと言われました)
黄色信号で加速すると怒られるし、その辺の判断がめちゃくちゃ難しいです。
なので今は黄色という色が世の中で最も嫌いです。

逆にこれらのことをプラスに捉えるとするならば、明日似たような状況に出くわしたときに、その練習と対処法を今日練習できたのと、今日の一日だけでこれだけの不運に見舞われたのだから、「これ以上悪い状況はめったにない、明日はもう少し簡単な状況で走れるであろう」と思うことができます。

あとは今まで培ってきた経験とスキルを存分に発揮し、その場その場で最善を尽くすことに集中するしかありません。

 

話は変わって、今日も飲みに誘われました。
今日はさすがに明日検定なのと、荷造りをしなくてはならないということで、行きませんでしたが、みんな僕より若いのにどこからそのお金が出ているんだろうと不思議に思います。

飲みには行きませんでしたが、仲良くなったペルー人の男の子とビリヤードしてラーメンを食って、寮に帰ってきてオセロをしました。
今合宿ではかなりの時間彼と一緒にいたかも知れません。
彼の方からよく近づいてきて、なついてくれていたのでいろいろと話をするようになりました。
いろいろとスペイン語を教えてもらったり、馬鹿な話をして笑ったりと歳は一回り以上離れていますが、いい友人ができました。

 

長いようで短かった合宿免許の旅もそろそろ終わりが近づいています。
明日の卒検にしっかりと受かって胸を張って(?)横浜に帰りたいと思います。

あ、おみやげ買って帰らなきゃ。

Copyright Ⓒbetter late than never All Rights Reserved.