べたれば

better late than never→略してべたれば。5年間引きこもった末にようやく社会復帰。「遅くても何もやらないよりマシ」をモットーに、社会復帰までの経緯や興味関心、今考えていることなどを書いていきます。

ニートや引きこもりは簡単な仕事から始めたら?

f:id:JohnRTylor:20180321223222j:plain

↑これが簡単な仕事かはわからない

おっす、ジョン(@johnrtylor)です。

みなさん元気に引きこもってますか?

引きこもりを脱したはいいけど働くのが恐いというそこのあなた!
まずは簡単な仕事から始めてみてはどうでしょうか。

僕も倉庫内作業という誰にでもできる仕事から自信を取り戻して就職までできました。(今の仕事がどこまで続けられるかわからないけど 汗)
あとはランサーズとかクラウドワークスみたいなところでも小銭くらいは稼げます。
時給に換算すると雀の涙ですが、全く人と関わらずにお金を稼げるのは魅力です。
Youtuberとかブロガー目指すのも面白いかも知れないですね。

 

そもそも働き始める勇気なんてねーよって人は、なにがしたいのかを考えるといいです。

このまま一生引きこもって暮らしたいってんなら話は別ですが、そうでなければ何か目的があると一歩踏み出す勇気が少しだけ沸いてきます。

僕の場合は免許を取ることでした。
昔から車の運転はしてみたかったし、免許がないと身分証明も大変ですしおすし。

じゃあ免許を取るのに何がいるかっていうと、言わずもがなお金なわけです。
つーか世の中金なわけです。

オールユーニードイズマネーなわけです。
淋しさだとか優しさだとか温もりだとかいうけれど、そんな言葉に興味はないわけです。

www.youtube.com

その目標を設定したことによって、僕は働き続けることができたわけです。

半年頑張ってお金貯めて免許を取りました。
んで、10ヶ月頑張って就職しました。

なんで就職までできたのかというと、やっぱりやりたいことやなりたい自分があったからです。
ひきこもっていた時に趣味で英語の勉強をしていて、ほんの少しだけ喋ることもできたので、英語を使った仕事をしたいとずっと思っていました。
でも僕はTOEICも受けたことないし、留学したこともない。
だからそういった求人に応募するにも門前払いだったわけです。

ということでまず最初に決めたのがTOEICの受験です。
倉庫作業のバイトを続けながら毎朝5時に起きて、1時間半から2時間TOEICの勉強をするようになりました。

我ながらだいぶストイックだったと思います。
でも好きな事だったし、その先にちゃんとした目標があったからこそ続けられたんだと思います。

勉強の甲斐あってTOEICでは785点を獲得、車の免許も取れたので就活を始めることにしました。
未経験学歴不問で英語が使える仕事というと、IT系の企業が多かったためそのあたりを中心に就活。
そして見事内定を勝ち取ることができました。

 

引きこもりを脱するにあたって大切なのは、脱したいという気持ちがあるかどうか。
ひきこもっていてつらいんなら多分脱出したいんだと思います。
ひきこもっていて超楽しい!超幸せ!人生に悔いなし!って思えるんなら、別にずっとひきこもっていてもいいと僕は思います。

そうじゃないなら、近所を散歩するとかくらいからでもいいから外に出てみましょう。
とても勇気のいることですが、大変なのは最初だけです。
どうしても出るのが恐い人はとりあえず生活のリズムだけでも整えましょう。
なるべく同じ時間に起きてなるべく同じ時間に寝る。
僕の場合これだけでも精神的な安定度は変わっていきました。

んで、元気が出てきたら働いてみる。
お金のために働くと少しつらいだけでも続かないので、その手に入ったお金で何がしたいのかを考えながら働くと良いと思います。

欲しいもの、やりたいこと、なりたいものが何なのか。
そのために何をするべきなのか。
それが決まったらあとはやるかやらないかを決めるだけです。

 

結局何が言いたいのかというと、ニート引きこもりを脱したいのかどうか。
脱したいなら何でもいいので目標ややりたいことを持ちましょう。(そんなに大したことじゃなくてもいいと思います。PS4が欲しいとかでも十分な目標です)
脱したくないなら今のままで幸せってことだよね?
じゃあそれならそれでいいじゃん!ってこと。

 

ガソリンの揺れ方

ガソリンの揺れ方

  • BLANKEY JET CITY
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Copyright Ⓒべたれば All Rights Reserved.