better late than never

略してべたれば。5年間引きこもった末にようやく社会復帰。「遅くても何もやらないよりマシ」をモットーに、社会復帰までの経緯や興味関心、今考えていることなどを書いていきます。

【合宿免許】路上デビューしたぞ【14日目】

f:id:JohnRTylor:20171005215833j:plain
今日は第一段階の集大成、修了検定と仮免学科試験がありました。
雨が降る中不安ではありましたが、無事に合格。筆記も難なくクリアし、これで晴れて第二段階への扉が開かれたわけです。
すなわちそれは、路上デビューを許されたことを意味します。

ということで、早速今日路上にデビューしてきました。
以前、二輪で普通に街中は走ってはいましたけど、やはり車とバイクは全然違うなと実感。
乗り慣れているというのもあって、バイクの方が運転は今のところ簡単に感じます。
車はどうも今一つ車幅の感覚や、進路変更時の安全確認などがバイクよりも死角が多いため忙しいです。

あと教習所内では道路の左寄りを走るように教わっていたのですが、路上に出てからは真ん中を走るように言われました。(だったら最初から真ん中走るように教えろよ)
結局左に寄せて走ると、歩行者や自転車などに接触する恐れがあるので、真ん中を意識して走らなくてはなりません。
まあ、教本に左寄りで走れと書いてあるので、その通りに教えなくてはならないのはわかりますけどね。

初の路上はどうだったかというと、やはり少しだけ緊張しました。
夜だったので暗くて視界も悪く、さらに雨も降っていたのでデビューするには最悪のコンディションだったと言っていいでしょう(笑)
しかし、新潟の習慣予報をみると向こう一週間は雨か曇りのようで、(日曜には雪が降るとの予報も!)ベストなコンディションで教習ができる日はあまり多くはなさそうです。
どうやら新潟県は全国でも2番目に雨の多い件らしく、とくに11月は雨が良く降る季節だそうです。
なんてっこった!

暗いし雨だし結構ビビりながら運転しました。
教官には加速の仕方やシフトチェンジのタイミングがうまいとやけに褒められ、いつもはもっと注意されているので、少し恥ずかしかったです。

この前もっとホメてくれというようなことを書きましたが、もしかしてこのブログが読まれている…?

ホメられはしたものの、路上では場内よりも注意すべき点がいくつもあるので、かなり神経を使いました。巻き込み確認や、進路変更のタイミングなどこれからは、より注意して走らなくてはなりません。
あとは左寄りで走る癖がなかなか抜けず、そこはしっかりと直していきたいなと思います。

神経をつかって少し疲れはしましたが、教官の人と「今日は救急車が多いですね」とか、横浜の観光名所を聞かれたときに「ベイブリッジら辺を女の子乗せて走ればイチコロっすよ」(※ただしイケメ(ry)とか言うくらいの余裕はありました。

第二段階に入り、再び学科が入るのでいよいよスケジュールも過密になってきました。
なるべく早く最短日数で帰れるように、一日一日しっかりとやっていきたいです。

Copyright Ⓒbetter late than never All Rights Reserved.