べたれば

better late than never→略してべたれば。5年間引きこもった末にようやく社会復帰した発達障害(ADHD)持ち。「遅くても何もやらないよりマシ」をモットーに、社会復帰までの経緯や興味関心、今考えていることなどを書いていきます。

吉澤ひとみ引退について思うこと

 

f:id:JohnRTylor:20180930163459j:plain

吉澤ひとみさんが芸能界を引退するそうですね。

 

drifter-2181.hateblo.jp

 

僕が中学生くらいのころだろうか。

当時は後藤真希が加入したてで人気絶頂の最中、後藤真希が同い年だなんてとても信じられなかったりしてクラスメイトたちと「あの娘ちょっとマセ過ぎだよなー、なっちの方が断然かわいいよなー」などと、マセたガキどもが議論を交わしたものです。

 

部屋になっちのポスターを貼ったりもしていたし、レンタルしたCDをカセットテープに録音してごわごわに伸びるくらいに聴いた覚えがある。

そうして僕も他の思春期の少年たちに違わず、顔中にニキビを携えて歴史を黒く塗っていた頃があった。(黒歴史だなんて言ったらアイドル好きの方々に怒られそうですが)

そう、猫も杓子もモー娘。だったのである。

彼女たちはそれくらい人気があったし影響力があった。

 

吉澤ひとみさんとかが入って来たころには、高校生になり、ギターを始めたりして「アイドルなんて音楽じゃねえ」というような、10代にありがちな謎のパンク精神が芽生え、僕は彼女たちに興味を失ってはいたけれども、よくテレビで目にするしショートカットでボーイッシュな女の子が好みな僕は、かわいい女の子だなと思って一目は置いていた。

 

そんな彼女が飲酒運転で逮捕されたのである。

ついこのニュースを耳にするまで、彼女が今どこで何をしているのかも全く知らなかったし、事故現場の様子だとか、当時どれくらい酔っていて、スピードが何キロ出ていて、被害者のケガの具合だとか、逮捕その後の供述とかにも全く以て興味が湧かなかった。

 

それよりも僕が言いたいのは、誰も死ななくてよかったねってことだ。

命だけは取り戻せないのだから。

もし仮に被害者が死んでいたら彼女は一生その十字架を背負って生きていかなくてはならない。

彼女のみならず、被害者側の家族にしたってそうだ。

だから、被害者側も加害者側も不幸中の幸いだったのではないかと思うの。

(被害者の方は後遺症とかないんだよね?そう願います。)

 

彼女が犯した罪は決して許されるべきことではない。

今は事件の事後処理やらなにやらでとてもつらいだろうし苦しいだろう。

芸能界に戻ってくることはできないかもしれないけど、いい意味で諦めることを受け入れられれば人生はやりなおせるよ。

完璧な人間なんていないし、みんな弱いんだ。

だから今はひたすら耐えて、また新たに一歩が踏み出せるようになるといいですねって思います。

 

それは、吉澤ひとみにだけ言えることじゃなくて、例えば少し前に女子高生へのわいせつ行為で問題になった元TOKIOの山口達也だってそうだ。

犯した罪は最低のものだったと思うけれど、失敗したってやりなおせるさ。

 

失敗して謹慎中でも、トレーニングを怠らずに復帰を果たしたバドミントンの桃田賢斗みたいな人だっているんだ。

 

人は失敗をするものだ。

大事なのは同じ失敗を繰り返さないこと。

だからその後の人生腐らずに一生懸命生きて行ってほしいなと思うわけです。

何様だよってはなしだけどさ。

Copyright Ⓒべたれば All Rights Reserved.