better late than never

略してべたれば。5年間引きこもった末にようやく社会復帰。「遅くても何もやらないよりマシ」をモットーに、社会復帰までの経緯や興味関心、今考えていることなどを書いていきます。

【合宿免許】ITエンジニアへの興味【7日目】

f:id:JohnRTylor:20171107210923j:plain

ジョン(@johnrtylor)です。

合宿7日目終了。

今日は二輪と普通車の技能教習1時間ずつで、だいぶ空きのある1日でした。
二輪は一本橋とスラローム、S字クランクとL字クランク、普通車は踏み切り、S字クランクL字クランク、坂道発進をやりました。

二輪は過去に一度経験済みなので楽勝だろうと思ってたんですが、一本橋が昔に比べて落ちる回数が増えました。昔は落ちても10回に1回くらいだったんですが、今は3~4回に1回は落ちます。
卒検までにはミスなくできるようにしたいです。
普通車はそろそろウインカーや、ルームミラー、バックミラー目視なども加わりなかなかに、運転動作が忙しくなってきました。
MT車なのでなおさらです。
でも日を追うごとにうまくなっているような気がするし、もっとたくさん乗りたいです。

教習所には食堂が併設されているのですが、朝昼晩と3食ともそこで食べています。
食堂からは教習のコースが一望できるのですが、走っている車を眺めながら「あー俺ももっと乗りたいなー」と指をくわえながら、ご飯を食べるのです。

明日も似たようなスケジュールなので、時間は多分に余るでしょう。
新潟は明日は雨なのが気がかりですが、こればかりは仕方ありませんね。
二輪で雨は嫌だよー。

時間が余っているときは転職サイトなどもよく見ているのですが、学歴不問で未経験歓迎の仕事で、英語の使える仕事というと、そんなにたくさんの職種は出てきません。
一番多いのはITエンジニアとか、インフラエンジニアとかなんですが、これってどうなんですかね?
ちょろっと調べはしましたけど、恐らくプログラミングに関する知識が必要になりそうだと思います。
ちょっと興味は惹かれます。

僕が今、転職先の基準として設けているのは

  • 英語を使う
  • 知識・スキルを身に着けることができる
  • 興味のある業種である

大体この3つに絞って、自分にあった仕事は何があるのかというものを探しています。
ITエンジニアは上記の3つにあてはまります。
プログラミングができるようになれば、いろいろなところで潰しが効きそうですし、このブログももっと質の高いものにできるんじゃないかというところで、趣味の部分にも活かすことができそうです。
もちろんそんなに簡単じゃないでしょうし、厳しい業界かも知れません。

でも、そんなこと言ったらどんな仕事にだって、長所も短所もあるわけですから、それならやりたいこと、興味のあることにチャレンジするべきだと思うんです。
できるかできないかじゃなくて、やるかやらないか。

未経験OKの仕事は敷居が低く見える反面、定着率も低いんじゃないかと邪推もしてしまいますが、そもそも30歳過ぎてて、高卒でブランクのある僕が就ける仕事なんてたかが知れているわけです。
それならその中で、一番面白そうな仕事に、興味が持てそうな仕事に就こうとすることは至極真っ当な考えだと思うわけです。

まだ方向性を決めたわけではありませんが、ITエンジニアは1つの選択肢として順位が上がってきています。

僕の経験上興味のないことは、長続きした試しがありませんから。

やりたいことをやって生きていきたいと口にすると、決まって「世の中そんなに甘くない」とか言ってくる人がいますが、じゃああなたはやりたいことがあって、それができるようになるための努力を何かしたんですかと問いただしたいです。
やるべきことをやった上で、結果無理だったというのなら納得できますが、そういった納得のいく答えをそのようなことを言う人から聞いたことはほとんどありません。
皆無かも知れません。
そういうことを言うのは多くの場合、人生を分かった風な年長者です。
あと女の子にはよく「夢見すぎ」とか「もっと現実を見てよ」とかよく言われました(笑)
あくまで僕の経験則ですが、女性は現実的な人が多いですね(笑)
まあ、僕が口ばかりでなにも行動に起こさないのも良くなかったですが。
安室ちゃんに言わせれば「夢なんて見るもんじゃない、語るもんじゃない、叶えるものだから」ってことですかね。

www.youtube.com

今は僕も昔に比べだいぶ現実的になりました。
現実を見据えながら、不可能ならそれをどう可能にするかということを考えるようになりました。
荒唐無稽な夢を語ることは減りました。
少しは大人になったね!

まだ寝ないけど、おやすみ。

Copyright Ⓒbetter late than never All Rights Reserved.