べたれば

better late than never→略してべたれば。遅くてもやらないよりマシ。元ひきこもりの雑記。

恋人にするなら自立した人(スウェーデン人希望)

f:id:JohnRTylor:20190217131345j:plain


やっぱり彼女いらないなあ。
と、思う出来事が最近あったのです。

 

ある場所で出会った女性から久しぶりに連絡があって、いろいろとメールで話していてわりに楽しかったし、僕もまんざらでもなかったんだけれど、だんだんと面倒になってきた。

少し返信がなかったりすると「興味ない話してごめんね。」みたいなメールが来たりして、「俺だってそんな暇じゃねんだよなあ」と思ってしまったりして。
言い方は悪いが、めんどくせえなと。

 

やっぱり一人でいたいんだなあと。
恋人にするなら放っておいても平気な人じゃないと無理だなあ。
自分のことでいっぱいいっぱいだし。

そういう人だって探せばいるんだろうけど、別に探してまで恋人が欲しいとも思わんしなあ。
寂しさを紛らわしたり、困難を乗り越えるためには恋人がいるということは、とても良いことだと思うんだけど、それ以外に共有しなくてはならない時間が増えることによって、自分の時間を削りたいかというとそうではないし。

 

SMAPの中居くんが「結婚したくない」みたいなこと言って、にわかに炎上(?)することがあるけれど、中居くんの気持ちってめっちゃわかるのよ。

一緒にいる時に「わたしのことはいないと思っていいから」みたいなことを言われたことがあるらしいのだが、「だってそこにいるじゃん」と中居くんは思うのだそうだ。
そのとおりだ。

僕がそのエピソードを耳にしたとき、中居くんは自分の世界とテリトリーをすごく大切にしている人なんだと思ったし、彼に対して親近感のようなものを覚えた記憶がある。

www.excite.co.jp

 

若いころは「恋人同士(夫婦)ならずっと一緒にいるべきだ」というような価値観があったけれど、今は全くそうは思わない。

一緒にいなくたって愛を育むことはできると思うし、そういうのは人それぞれ違っていいんだと思う。

スウェーデンは離婚率が高いらしいのだけれど、それでも幸福度ランキングで言うと上位に入ることが多い。
それはスウェーデンの国民性が個人を尊重することに重きを置いており、別れた後も普通に友達として仲良くつきあったりしているのだとか。

studyabroadlifeinnordic.hatenablog.com

国民一人一人がしっかりと自立していて、自分の人生は自分で責任をとるといったような考えが根付いているように僕には思える。
子供に対しての教育も、「子育て」というよりかは「人育て」に近いなと思った。
子供を子供として扱うのではなく、人として対等に向き合って育てていくような。

両親が離婚してもどちらの親とも良好な関係を結べている親子が多いのだとか。

partner-web.jp

 

老若男女問わず、個々人に自立意識が深く根差した国民性がとてもクールだなと思う。
もちろんポンポン離婚しても大丈夫なのはそのための社会制度なりがしっかりと整っているからとうのもあるんだろうけど。

 

ということで途中からスウェーデンの国民性紹介みたいになったけど、要は付き合うのならお互い依存せずに自立した人と付き合いたいなというお話でした。