better late than never

略してべたれば。5年間引きこもった末にようやく社会復帰。「遅くても何もやらないよりマシ」をモットーに、社会復帰までの経緯や興味関心、今考えていることなどを書いていきます。

【映画】人種差別にも負けずにNASAで暗躍した黒人女性の物語「ドリーム」を見てきた【レビュー】

ジョン(@johnrtylor)です。

現在公開中の映画「ドリーム」(原題:Hidden Figures)を見てきました。
劇中のセリフなどの引用がありますが、うろ覚えなので間違っていたらすいません。

あらすじ

 東西冷戦下、アメリカとソ連が熾烈な宇宙開発競争を繰り広げている1961年。ヴァージニア州ハンプトンのNASAラングレー研究所では、優秀な頭脳を持つ黒人女性たちが“西計算グループ”に集い、計算手として働いていた。リーダー格のドロシー(オクタヴィア・スペンサー)は管理職への昇進を希望しているが、上司ミッチェル(キルスティン・ダンスト)に「黒人グループには管理職を置かない」とすげなく却下されてしまう。技術部への転属が決まったメアリー(ジャネール・モネイ)はエンジニアを志しているが、黒人である自分には叶わぬ夢だと半ば諦めている。幼い頃から数学の天才少女と見なされてきたキャサリン(タラジ・P・ヘンソン)は、黒人女性として初めてハリソン(ケビン・コスナー)率いる宇宙特別研究本部に配属されるが、オール白人男性である職場の雰囲気はとげとげしく、そのビルには有色人種用のトイレすらない。それでも、それぞれ家庭を持つ3人は公私共に毎日をひたむきに生き、国家の威信をかけたNASAのマーキュリー計画に貢献しようと奮闘していた。

 1961年4月12日、ユーリ・ガガーリンを乗せたソ連のボストーク1号が、史上初めて有人で地球を一周する宇宙飛行を成功させた。ソ連に先を越されたNASAへの猛烈なプレッシャーが高まるなか、劣悪なオフィス環境にじっと耐え、ロケットの打ち上げに欠かせない複雑な計算や解析に取り組んでいたキャサリンは、その類い希な実力をハリソンに認められ、宇宙特別研究本部で中心的な役割を担うようになる。ドロシーは新たに導入されたIBMのコンピュータによるデータ処理の担当に指名された。メアリーも裁判所への誓願が実り、これまで白人専用だった学校で技術者養成プログラムを受けるチャンスを掴む。さらに夫に先立たれ、女手ひとつで3人の子を育ててきたキャサリンは、教会で出会ったジム・ジョンソン中佐(マハーシャラ・アリ)からの誠実なプロポーズを受け入れるのだった。

 そして1962年2月20日、宇宙飛行士ジョン・グレンがアメリカ初の地球周回軌道飛行に挑む日がやってきた。ところがその歴史的偉業に全米の注目が集まるなか、打ち上げ直前に想定外のトラブルが発生。コンピュータには任せられないある重大な“計算”を託されたのは、すでに職務を終えて宇宙特別研究本部を離れていたキャサリンだった……。

出典:映画『ドリーム』オフィシャルサイト - 20世紀フォックス

まあつまりは1960年代にNASA内部に実は、黒人女性たちが働いていて彼女たちの差別との戦いと奮闘を描いたサクセスストーリーということです。

差別との闘い

当時のアメリカはまだ人種の壁が厚く高くそびえたっていました。
バスの座席も、トイレも白人用と黒人用で分けられていました。

中でも印象的だったのが、キャサリンがオフィスからトイレまで何度も往復するシーンです。彼女の働くオフィス棟には黒人用のトイレがなく、彼女は用を足すために半マイル(約800m)離れたトイレまで毎回走るシーン。

BGMにはPharrell WilliamsのRunnin'。
キャサリンがひたすらに雨の中走る後ろで「No more runnin'」と歌われているのは、なかなかにニクい演出だなと思います。

www.youtube.com

トイレから戻ってくると、ケビンコスナー演じるハリソン本部長に「毎日40分もトイレで何をしてるんだ?」と問いただされ、キャサリンはキレます。
「私のトイレがないんです。黒人専用のトイレは800メートル先の別棟まで毎回走らなくては用も足せないんです。それにコーヒーのポットだって白人用、黒人用で分かれていて誰も私のマグカップには触ろうともしない。こんな仕打ちを受けても、安い給料で働いているんだから一日40分のトイレくらい許してください」

その後NASA内部で変化が起こります。
なんと本部長のハリソンがハンマーを持って「Colored only(黒人(有色人種)専用)の看板を叩き壊すのです。
「今日からトイレはホワイトもニグロも関係ない。好きなところを使うがいい。」

シビれました。

ベルリンの壁が崩壊して東西ドイツの垣根がなくなったように、白人と黒人の間の垣根もこの日を境に徐々になくなっていくのです。

Pharrell WilliamsのクソおしゃれなBGM

この映画の音楽はPharrell Williamsがプロデュースしているのですが、マジでかっこいい。曲がかっこよすぎて映画が霞むくらいにカッコいい(BGMとしてはどうなのって話ですが 笑)。

僕はファレルのアルバムは聴いたことがないんですが、印象としてはどの曲もひたすらにベースとバスドラがシンクロしていて、全ての楽曲に統一感が出ているのですが、これは彼のスタイルなのか、あるいは今回は意図してこのようなアレンジにしたのかは気になるところです。

それと、彼のオシャレさを引き立てているのはギターのカッティングにあると僕は思います。
決して派手ではないし、エッセンスのように「チャッ、チャッ、チャッ」とさりげなく鳴らしているのですが、んもうこれが僕にはドツボで思わず腰が動きます。

彼のアルバムもそのうちチェックしたいと思います。

 

GIRL

GIRL

 

 

Ost: Hidden Figures

Ost: Hidden Figures

 

 

総括

やはり、なにか理不尽なものと闘って権利を勝ち取ることというのは、一筋縄ではいかないし相応の忍耐が求められます。
彼女たちは辛抱強く耐え、しっかりと権利を主張し続けたから黒人の地位の向上に漕ぎつけられたのです。
しかし、同時にそれを達成するための特別な武器を持っていたというのも、大きいと思います。彼女たちの場合、それは類まれなる明晰な頭脳でした。

僕もこれから先、権利を主張するようなことがあった時に、そのような武器を持っていないといけないと思わされたのと、自分にとって何が武器になり得るだろうかということを真剣に考えさせられました。

その武器が何なのかは今はわからないけど、いつか何かが武器として機能するように、日々いろいろなことに興味を持って、自分を磨いていかなくてはいけないということをこの映画から教わりました。

公開日から結構経っているので、あと何日間上映されるかはわかりませんが、興味のある方は早めに映画館へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

PS
邦題の「ドリーム」ってクソださくない?考えたやつのセンスを心の底から疑う。
そのままHidden Figuresじゃだめだったのかしら。

Copyright Ⓒbetter late than never All Rights Reserved.