better late than never

略してべたれば。5年間引きこもった末にようやく社会復帰。「遅くても何もやらないよりマシ」をモットーに、社会復帰までの経緯や興味関心、今考えていることなどを書いていきます。

にわか村上春樹ファンの僕がハルキストに物申す

f:id:JohnRTylor:20171006175337j:plain

世界の終わりからハードボイルドにワンダーランドを席巻!

ジョン(@johnrtylor)です。

村上春樹氏がまたしてもノーベル文学賞を取り逃がしましたね。
カズオ・イシグロさんおめでとうございます。(ニュースを見るまで知らなかったなんて言えない)

僕は村上春樹が大好きです。
彼の小説が大好きです。
どれくらい大好きかというと、全作品読んだわけじゃないけど、ほとんどは読んだしそのほとんどが大好きっていうくらい好きです。(わかりづれーよ)
村上春樹は、死ぬまでに一度会って酒を酌み交わしたい人の一人です。
割と真剣に実現しないかなと思っています。
でもぶっちゃけ彼のノーベル賞受賞はどうでもいいです。

村上春樹は好きだけど、ハルキストなる輩はどうにも好きになれません。
別にどのように作家やその作品群を愛そうが個人の自由なのでとやかく言うつもりはありませんが、とやかく言っていきます。

この記事は僕個人の偏見をふんだんに含みますので、読者の気分を害する内容が記載されているかもしれないことをご了承ください。

そもそも彼らにとってノーベル賞ってそれほど大事なものなんでしょうか?
確かにとてつもない権威のある賞であることは、文学の「ぶ」の字も知らない素人の僕でもわかりますが、何をそんなに勇む必要があるのかと傍から見ていて思うのです。

そりゃまあ、一日本国民として同国出身の作家がそのような賞をもらったら嬉しいですよ。純粋に「おめでとうございます、村上先生」と賛辞を送ります。
ですがメディアに露出しているようなハルキストたち(そもそもハルキストの定義ってなんだ?)の行動を見るに、村上春樹が好きである自分がオシャレだと思い込んでいるような雰囲気がプンプンするんです。(まあ僕も村上春樹読んでる俺かっけーと思うふしは、正直あります)それを隠さずに前面に出しているところが受け入れがたいし、逆にださいと思うんです。
確かに村上春樹の小説はオシャレです。異論は認める。
でも村上春樹の小説がオシャレなことと、彼らがオシャレかどうかということはまた別ですからね。

彼らはまず第一に村上春樹以外にもどれほどの数の作家の小説を読んでいるんでしょうか。
もし、ほとんど村上春樹しか読んでおらずに、あのような祝賀パーティに参加しているんだとしたら非常に底が浅く見えますし、賞自体の価値をも損ねているような気にさせられます。
(僕は小説に関してはほぼ村上春樹しか読んできませんでしたが)世の中には村上春樹以外にも優れた作家がごまんと存在するわけで(するよね?)、それらの作家と比較した上で村上春樹が受賞に値するという確固たる根拠があった上で、あのような催しに参加しているのならそれは大したことだと思うし純粋にそこまで情熱を注いで何かを好きになれるということは素晴らしいなと思います。
もしそういう人たちの集まりであるならば、僕からは何もいうことはありません。
生意気言ってすいませんでしたと謝辞の意を表します。

実際にそういうレポートやアンケートを取ってみたら、どういう結果が出るのか気にはなるところです。
”村上春樹のノーベル文学賞受賞に関して確固たる根拠がある” Yes or No
みたいな(笑)

村上春樹本人もあまりハルキストに関しては良い印象を持っていないみたいですし、ノーベル賞自体もどうでもいい的な事どっかでいってませんでしたっけ?
昔やってたサイトの「村上さんのところ」とかエッセイの「職業としての小説家 」にそんな記述があったようななかったような。

まあ散々と文句を垂れましたが、人は人ですからね。
何をどのように愛そうとその人の自由です。
なので彼らの行動をやめろとも言いませんし、どうぞ好きなようにやってくださいと思いながら見守っていきます。

 

村上さんのところ コンプリート版

村上さんのところ コンプリート版

 

 

職業としての小説家 (新潮文庫)

職業としての小説家 (新潮文庫)

 

 

Copyright Ⓒbetter late than never All Rights Reserved.