べたれば

better late than never→略してべたれば。5年間引きこもった末にようやく社会復帰。「遅くても何もやらないよりマシ」をモットーに、社会復帰までの経緯や興味関心、今考えていることなどを書いていきます。

ゴミ屋敷のウチに不動産屋からクレームが来た

f:id:JohnRTylor:20180209133628j:plain

クレームをつけにきた不動産屋

ジョン(@johnrtylor)です。

今日、不動産屋が来ました。
なんでも家の周りにおいてあるものが邪魔らしく、オーナーからクレームが入ったそうです。
だから片付けておけと。

とりあえずその場は「家の者がいないのでわかりませんが、伝えておきます。」と答えてその場をやり過ごしました。

たしかに僕の家の周りはすごくごちゃごちゃしています。
恐らく父の仕事道具がほとんどですが、それらが庭や玄関先に積んであります。
こいつらが邪魔なんでしょう。

僕の両親は物の管理ができません。
何が必要で何が不要なのかの判断ができないのでしょう。
壊れて使えなくなったものや、恐らく今後使うことのないようなものでも何でもかんでも取っておくので、家には不要なものが溜まっていく一方です。

壊れた冷蔵庫なんて何に使うのさ?
「捨てるのにお金がかかるから」と言って先送りにしていますが、そんなでかいただの粗大ゴミが台所の隅にデンと佇んでいるわけです。

しかし、そういった両親の特性を僕も受け継いでおり、とにかく物が捨てられないです。

「もしかしたら使うかも」
「思い出の品だから」

とか理由をつけて一向にものを捨てません。

妹の場合それが輪をかけてひどいです。
妹は2段ベッドの上で寝ているのですが、ベッドの下は使わなくなった物が所狭しと詰め込んであります。
ついでに食べかけのお菓子の袋なんかも散乱しています。

そう、一言でいうなら僕の家はゴミ屋敷なのです。

そういった家族と暮らしていると、管理したくてもできない部分も多々あるので、一人暮らしをしたいというのもあります。
とりあえず家族(特に両親)が連れてくるトラブルに極力巻き込まれたくないのです。

我が家の辞書に管理という言葉はありません。

どこかで読んだけど、ドラマとかの演出で金持ちの家には物が少なくすっきりさせるのに対して、貧乏人の家はゴミゴミとものが所狭しとあふれかえっているようにセットを作るんだとか。

ゴミゴミしていてお金がない。
まさにウチのことじゃん!

これは結構そのとおりだと思います。
昔からお金持ってそうな友達の家は片付いていたし、小ざっぱりとしているところが多かった。
反面、ウチのようにお金のない友達の家はゴミゴミしているところが多かった。
家自体の面積の問題もあるけど、取捨選択のうまい人にはお金が転がり込んできやすいんじゃないかという説が浮上中。

管理がうまい人は捨てるのもうまいんだろうね。
んでお金持ってるんなら、捨てて必要になったらまた買えばいいし。

管理の下手な貧乏人はいつまで経っても物を捨てられないから、狭い部屋が余計にどんどんと狭くなっていくという悪循環に陥るのだ。

とにかく、僕の実家は全てがディスオーガナイズドされているので、エクストリームリーメスドアップなわけですよ。

家の汚さ関係ないけどブレーカーも毎日落ちるし。
ノートPCだから良いけど、デスクトップだったらHDD何枚あっても足りないぞ。
いっぺんに電気使い過ぎ。
それで電気代が高い、金がないとか言ってんならもう少し節約しようという気はないのかね。
父親はどっか出かける時も、電気テレビつけっぱで行くし、母親は換気扇ヒーターエアコンつけっぱで行くし、だらしがなさすぎる。

はやく一人で暮らしたい。頑張ろう。

Copyright Ⓒべたれば All Rights Reserved.