better late than never

略してべたれば。5年間引きこもった末にようやく社会復帰。「遅くても何もやらないよりマシ」をモットーに、社会復帰までの経緯や興味関心、今考えていることなどを書いていきます。

合宿免許の取得が現実味を帯びてきた件

f:id:JohnRTylor:20171005215833j:plain

ジョン(@johnrtylor)です。

そろそろ免許を取るためのお金がたまりそうなので、合宿に行くことが現実味を帯びてきました。
ひきこもりを脱してバイトを始めてから早半年が経とうとしています。
長かったような短かったような。
外に出始めたばかりのころは人目が気になって常に不安でしたし、支援施設で一度パニック発作を起こしたこともあり、その状態を考えるとよくここまで来たものだとしみじみ思います。

週5日で8時間働いて手取りは15万。
そのうちの5万を無理のない範囲でコツコツ貯めてようやく次のステージへと人生が動き出しそうです。
やはり何か新しいことが起こる(あるいは起ころうとしている)時は胸が躍ります。

生活に変化が乏しいとつまらないです。
時にはくじけそうになることもありました。
でもそのたびに本来の目的が何であるのかを思い出してここまで頑張ることができました。

職場には長期の休暇を取ることをすでに伝え、これから出発に向けての準備が始まります。
こういう時の段取りは苦手です。
どういった手順で動くべきかの優先順位をつけることができません。
とりあえずネットでいろいろと調べてみて、進めていこうと思います。

免許が取れたら次はいよいよ本格的な就活をスタートさせます。
発達障害かどうかも病院に通うつもりです。

いっぺんにこんなに風呂敷を広げて大丈夫なものか。

過去に免許を取りにいったときもテンションが上がりすぎて、いろんなことを勢いに任せてやった結果、よかったことも悪かったこともあります。
よかったことは、いろんな経験ができたこと。
人生を謳歌できている気がして楽しかったこと。
悪かったことは、いろいろと手を出しすぎて首が回らなくなったこと。
そのツケがひきこもったあとにやってきたこと。

今の僕は人生を清算する過程のほんのスタートラインに立っているに過ぎません。
自分の歩みは前に進まずとも時間は無情にも過ぎていきます。ものすごいスピードで。
時間に置いていかれないように僕も足を一歩ずつ前に踏み出さなくてはなりません。
その差は縮まることはないかもしれないけど、これ以上離されてはいけないのです。

これから忙しくなりそうです。
よそ見して景色を眺める余裕なんてないかもしれない。
でもたまには息抜きも大事よね。

寝ます。

Copyright Ⓒbetter late than never All Rights Reserved.