べたれば

better late than never→略してべたれば。5年間引きこもった末にようやく社会復帰した発達障害(ADHD)持ち。「遅くても何もやらないよりマシ」をモットーに、社会復帰までの経緯や興味関心、今考えていることなどを書いていきます。

入社説明を受けてきた

f:id:JohnRTylor:20171130100317j:plain


ジョン(@johnrtylor)です。

先日、次の会社の入社説明を受けてきました。

必要提出書類や今後の流れについての説明を受けました。
予定としては入社後1ヶ月間はスクールに通いネットワークの研修をし、CCNAの資格取得を目指します。

 1.CCNAとは?

    1.1 世界共通基準の認定

「CCNA(Cisco Certified Network Associate)」は、世界最大手のネットワーク関連機器メーカーであるシスコシステムズ社が実施する、ネットワークエンジニアの技能を認定する試験です。同社の主力商品であるCiscoルータ、Catalystスイッチに関する技術力の証明となるだけでなく、基礎的なネットワーク技術 (TCP/IPなど)を持つことの証明にもなります。

世界共通基準の資格であり、ネットワークの世界では最も有名な資格でもあります。

出典:http://proengineer.internous.co.jp/content/columnfeature/3365

一日でも早く職場に馴染めるように実はもうすでに勉強は始めているのですが、これがまた難しい。
IPアドレスの2進数と10進数の変換とか、専門的な用語が多すぎて日本語でおk状態です。
でも勉強自体は楽しいです。
新しい知識を身に付けられるという喜びと、それを活かして働くことができるということで、精神的にもかなり充実した日々を過ごせているように思います。

しかし問題(?)が一つあります。
配属先が英語を使ったポジションじゃなくなるかも知れません。
英語を使える仕事ということで、IT業界に絞って就活していましたが、ここにきてまさかのどんでん返し。

しかし、英語が使えなかったとしてもメリットはあります。
まず一つは夜勤がないということ。
すなわち体調の管理がしやすいということです。
やっぱり、毎日同じ時間に起きて同じ時間に寝られるというのが一番です。

もう一つは上流工程よりの仕事にかかわることができるということ。
エンジニアとして収入を上げるためには、やはり上流工程に携わることが一番の近道でしょう。
未だに仕事内容のイメージがつかみ切れていないのですが、ケーブルの管理や単価の調整、見積書の作成やパワーポイントを使った資料の作成等を担当するようです。
なんというか事務サポート的なポジションになるんでしょうか?
パワーポイントなんて触ったことねーよ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

この辺は正直悩みますが、やはり英語が使いたくて入社したのでその辺はしっかりと考えてから決断をする必要がありそうです。

一応「英語は使いたいか」と聞かれて「できれば英語を使うポジションに就きたいです」と、自身の希望は伝えましたがまあどちらに転んでもメリットはあると思います。

 

説明会の翌日に会社から電話がある。
他にも入社する予定の人がいるから入社式の日をずらしたいと。
入社日は変わらず入社式の日だけ変わるとのこと。
これに関しては取り立てて問題はありませんので了承しました。

その後会社の方からLINEでステッカーが送られてきました。
LINEは電話帳に登録すると自動的に登録される設定になっているみたいで、会社の方も自動的に登録されていました。

この場合どのように対応するのが正解だったんでしょう?
送られてきたステッカーは親指立ててるやつだったんで、好意的にとらえていいと思うのですが。
なんとなく無難にニコニコした白い丸顔のキャラ(多分LINEのメインキャラだよね?)のステッカーを返しておきました。
果たしてこれでよかったんだろうか。

まだ入社してないし、その辺どこまでフランクにしていいのかは悩みどころです。
この辺が僕のコミュ力の低さを物語っています。
コミュ力ってどこに売ってるの?いくらでも出すんだけど?

今の職場で働くのも残すところ10日ほどとなりました。
職場に対する文句や愚痴も何度か書きましたが、いざやめるとなると少し寂しいです。
同僚のみんなが暖かい言葉をかけてくれるので、後ろ髪をひかれる思いがあります。
ここでの出会いを大切に、次の職場でも頑張りたいと思います。

Copyright Ⓒべたれば All Rights Reserved.