べたれば

better late than never→略してべたれば。遅くてもやらないよりマシ。元ひきこもりの雑記。

引っ越しのお金が貯まったのでminiminiに行ったらお店の人がめっちゃいい人だった話(ステマ)

f:id:JohnRTylor:20181207203033j:plain

遂に念願の引っ越し資金が貯まりました。

これでようやくこの家ともおさらばできる。

 

ホームズ君で家を探して内覧を予約。

お店へうかがうことに。

 

約束の時間より少し早くお店へ着き、中へ入ると感じの良いお兄さんが対応してくれました。

んで、条件をあーでもないこーでもないと話し合い、とても丁寧に対応してもらいました。

何が良かったかというと、そのお兄さんが結構正直にものを言う人だったということ。

例えば、

  • 今の時期は繁忙期に業者が良い物件を刈り取りまくった後なので、あまりいい物件はない
  • 別に急がないのなら、もう少し待った方がもっと良い物件がたくさん出てくるから、あまり焦って決めずにゆっくり考えた方が良い
  • とはいえ、今日見に来た物件はもちろん見せるし、見てもらった上で入居を決めてもらわなくても全然オーケー
  • (気になっている他社の物件を見せたあとに)今日見に来てくれたウチの物件よりも今見せてくれたところの方が、断然良いと思う。僕(お兄さん)ならそっちにする
  • ネットで写真も充実しているし、地方から移住してくる人なんかは内覧もせずに決めてしまう場合もある。いまどき全体の4割くらいは内覧なしで入居している

とまあざっと挙げるとこのようなことを言ってもらったのだが、こういうことって物件を売り払いたいと考えているだけの人だったら言えないと思うんです。

あと実際に物件を見に行った時も、長所ばかり言うのではなく短所もきちんと教えてくれたところ。口の上手い人は短所も無理やりにでもホメて商談を成立させようとするのに、それがなかった。端的に言えば商売っ気がなかった。

それがすごく良かったし、一層信頼感が増した。

 

結局契約はせずに考えることにした。

これって売る側からすると機会損失のはずで、良いのだろうかと思いつつも、客側の気持ちとしては、とても気持ちよく部屋探しについて、冷静にいろいろと考えることができたし、今後の部屋探しのヒントもたくさんもらうことができた。

最終的にminiminiさんで契約することになるかはわからないけれど(そこまで褒めちぎるんなら、しろよというツッコミが飛んできそうですが)、世の中にはちゃんと誠意を持った良い人がいるのだなあということが知れた一日でした。

もちろん地域や店舗、担当者によって、当たり外れがあるだろうけれど、せめてもの感謝としてここで褒めちぎることにしました。

現阪神の福留が聞いたら「誠意は言葉ではなく金額」と言われてしまいそうですが、とても良い部屋探しのスタートが切れたように思います。

ステマ感満載の記事ですが最後に一言。

ありがとうminimini。フォーエバーminimini。