better late than never

略してべたれば。5年間引きこもった末にようやく社会復帰。「遅くても何もやらないよりマシ」をモットーに、社会復帰までの経緯や興味関心、今考えていることなどを書いていきます。

TOEICを終えて英語学習の方向性を見失う

f:id:JohnRTylor:20171022215506j:plain

ジョン(@johnrtylor)です。
ジョンとか名乗ってるくせに英語は大してできません。

今日、TOEICを受けてきました。
台風の接近するひどい雨の中ずぶ濡れになりながら。

手ごたえはなかったです。
最後の20問は時間が足りずにテストが、マークシートを塗りつぶすだけの簡単なお仕事になり下がりました。

PART7の長文読解が苦手です。
日本語でさえも読解力がないのに、英語になると余計にわからなくなります。
あと、言い訳をすると集中力が持続しなかった。
靴もズボンも濡れてて気持ち悪いし、会場の時計の音や他の受験者の紙をめくる音、マークシートを塗りつぶす音、衣擦れの音、あらゆる音が一度気になりだすと英文がまったく頭に入ってきませんでした。

次回受験するときは耳栓を持参したいと思います。 


試験官に了承を得れば使用が許されたという事例もあるみたいですしね。↓

media-beacon.com

あと、TOEICに限った話ではありませんが、マークシート方式の試験を受ける方には太めのシャーペンを使うことをおすすめします。

前回(確か6月)の受験の際にはよくある太さ0.5㎜のものを使ってたんですが、今回は1.3㎜のもので試験に臨みました。
塗りつぶすのに要する時間が0.5㎜のものに比べて3倍は違います。
通常の3倍、まさに赤い彗星!いや、シャーペンだから黒い彗星か。いや、黒だと黒い三連星と言うべきか…でもそれじゃあスピード関係ないし…

んんん!(咳払い)話が逸れましたが、塗りつぶす時間を短縮できれば200問もあるTOEICでは、塵も積もって数分の時間節約につながります。
少しでもスコアアップをと思っている方は、ぜひ使ってみてください。

 

コクヨ シャープペン マークシート 最適セット 1.3mm PS-SMP101D

コクヨ シャープペン マークシート 最適セット 1.3mm PS-SMP101D

 

 ところで、僕は左利きなのですが、マークシートは左から右に問題が進んでいくため、どうしても手が汚れてその手についた汚れがマークシートにもついてしまいます。
このシートについた汚れのせいで読み取れずに採点不可とかにならないか心配です。
まあ前回も大丈夫だったし、取り越し苦労に終わるでしょうけど。

 

さて、今回のTOEIC受験が終わって結果が出るのが約1か月後です。
そのスコア如何で就職活動の幅が変わってきます。
このままTOEICの勉強を続けるべきなのか、別の勉強法にシフトするべきなのか悩むところです。
そもそも僕にとってTOEICは就活のための手段であって目的ではないので、勉強しなくていいんならそれに越したことはないいんですよね。
それならもっと実用的な学習方法にシフトしたいというのが、正直なところです。

とりあえず明日からどのように勉強していこうかまだ決めかねています。
来月からは免許合宿も始まります。
その間に何をするのか決めておきたいのですが、どうしたものか。

何をするべきかわからないときが一番嫌です。
うーん、今一度「なぜ英語を学ぶのか」を見つめなおす必要がありそうです。

考えすぎて頭から煙が出てきたので、とりあえず今日は寝ます。
おやすみなさい。

Copyright Ⓒbetter late than never All Rights Reserved.