better late than never

略してべたれば。5年間引きこもった末にようやく社会復帰。「遅くても何もやらないよりマシ」をモットーに、社会復帰までの経緯や興味関心、今考えていることなどを書いていきます。

一人で生きる覚悟を決めて、大切な人の死を乗り越える

ジョン(@johnrtylor)です。 猫の死から5日が経ち、悲しみもだいぶ和らいできました。未だに色々と思い出して、寂しさと悲しみが襲ってくる時もありますがなんとか元気に過ごしています。 先日、お世話になっていた病院からお悔やみの花が送られてきました。…

悲しみを忘れるのではなく乗り越える

ジョン(@johnrtylor)です。ここ最近、湿っぽい記事が続いています。すいません。 正直猫の死をまだ少し引きずっています。 普段いるはずの場所にいなかったり、彼女が使っていた遺品の数々が目に入るたびに悲しい気持ちが心を支配します。 幻聴とまでは言い…

猫とお別れする時が来た

朝、いつもより1時間遅く目が覚める。外は雨だ。昨夜はなかなか眠りにつくことができなかった。毛布の上で冷たく横たわっている林檎の姿を見て、昨日の出来事が夢ではなかったと悟る。 午後11時頃。妹の携帯電話に何度も着信がある。彼女はちょうど、うとう…

貧乏は悪

※かなりネガティブな記事なのでご注意を。 ねこの調子がまた悪いです。水ばかり飲み、おしっこの量が増え、吐しゃ物も水ばかりです。食欲もなくうずくまっていました。 今日は仕事を休んで病院に連れていきました。 いつも通っている病院が休みなので別の病…

糖尿猫氏の帰宅

ジョン(@johnrtylor)です。 今日仕事終わりに病院に電話をして様子を聞いてみると、体が新しいインシュリンに慣れてきたのか、血糖値の周期がようやく一定の落ち着きを見せ始めたそうです。この状態なら連れて帰れるとのことで、早速病院へ直行しました。(…

猫の調子が悪い 2

ジョン(@johnrtylor)です。 猫の続きを書きます。 www.johnrtylor.com 妹が病院に連れて行ってくれたのですが、血糖値がまた「600」とカンストしていたそうです。ここ最近は1日1回の注射で血糖値を下げていたのですが、これだと下がりすぎてしまうので2日に…

猫の調子が悪い

ジョン(@johnrtylor)です。 今日仕事から帰ると父親から「猫の調子が悪い」と言われました。たしかにだるそうにしているし、朝に用意したご飯もほとんど手についていません。 父は「もう時間の問題かもな」と言いました。一方で母は「多分またすぐ元気にな…

糖尿猫の血液検査

ジョン(@johnrtylor)です。 インシュリンを打たずに数日間様子を見ることになった、うちの糖尿猫の検査に行ってきました。(過去記事はこちらからどうぞ↓) www.johnrtylor.com www.johnrtylor.com www.johnrtylor.com 血糖値400 やはり注射を打たないと血…

低血糖猫の後日談

ジョン(@johnrtylor)です。 以前こちらの記事にも書きましたが、 www.johnrtylor.com 今日はその後日談を書きます。もし一緒に暮らしている子が糖尿病の方がいれば、参考になるかはわかりませんが何かのお役に立てればうれしいです。 [目次] 再検査のため…

猫が具合悪そうだったので病院に行ってきた

どうも、ジョン(@johnrtylor)です。 我が家の糖尿病の猫の様子がおかしかったので、病院に連れて行きました。 www.johnrtylor.com

自分が何にいくら払うのか把握しておくことの大切さ

おっすおっす。みんなのアイドルジョン(@johnrtylor)だよ。 まだ自分のキャラをどう定めるべきか悩んでいるので(別に定める必要もないけど)、とりあえずいつもと違う入りにしてみました。 それはさておき資本主義国家で生きていくために必然と考えなくて…

親と縁を切るべきか

ジョン(@johnrtylor)です。 いきなり重いタイトルですが、ひとつの選択肢として結構真剣に視野に入れています。縁を切らないまでも一度一人暮らしなどをしてみて、距離を置いて様子をみるのもいいですが僕には糖尿病の猫がいるのでまだ実家を離れることがで…

猫が糖尿病になった話

ジョン(@johnrtylor)です。 僕の家には猫(♀)がいます。一緒に暮らし始めて十数年、ともに時間を過ごしてきた大切な家族です。そんなうちの子が糖尿病にかかりました。 目次 様子がおかしいことに気づく 動物病院へ 入院 退院、そして帰宅 糖尿病と言えば…

Copyright Ⓒbetter late than never All Rights Reserved.