べたれば

better late than never→略してべたれば。5年間引きこもった末にようやく社会復帰した発達障害(ADHD)持ち。「遅くても何もやらないよりマシ」をモットーに、社会復帰までの経緯や興味関心、今考えていることなどを書いていきます。

さらばアル中、決断のとき

Hammers are falling, I said my darling そろそろ決断を下すときが来たのかもしれない。 実家から離れるという。 実家の家賃を浮かすために、家計を助けるために引っ越しの資金を貯めているのだけれど、この前の一件から母が全く反省していない模様なので。…

「なんとかなる」よりも「なるようにしかならない」と諦めること

大人になれない僕ちんは昨日の一件を未だに引きずっており、何もする気が起きないので文をしたためます。それくらいの元気(?)はあります。 www.johnrtylor.com そんなことはさておき、 近頃の僕は、いささか意図的に発達障害ネタを封印していたきらいがあ…

母を本気で「死ね」と罵った日

頭にきたときは猫の画像を見て気分を落ち着けましょう はあ。 キレちまった。 いやね。 母がね。 アルコール依存症なんですけどね。 (ついでに父もね。) 酔いが深くなるといつも台所の隅で、ひとりブツブツと異世界の言語とも思しき何かを延々とぼやき続け…

近所のコンビニの新人さん

近所のコンビニに新人さんが入った。その男性は齢にして50代半ばといったところだろうか。頭は薄く禿げ上がり眼鏡の奥からのぞくその瞳からは輝きが失われている。 この新人さんの要領がまあ悪い。動きも遅いし愛想もない。その佇まいは十数年油も差されずに…

書くことがなくても何か書こうと思ったから書いたよ

どうも、トキソプラズマに侵されフリーランスで翻訳者になりたいなどとのたうち回っているものです。 gattolibero.hatenablog.com 僕は人生において猫と暮らしていた時間がわりに長かったから、十中八九こいつにかかっているだろう。やべえよ、やべえよ… だ…

ベンチに佇み読む本と、そこに流れる時間を慈しむ

今週のお題に初めて乗っかってみようと思います。 今週のお題は「読書の秋」。 www.gw2.biz ぐわぐわ団さんが焚書坑儒について書いていたんだけれど、インターネットは焚書坑儒の傾向にあるのではないかと思う。僕のブログだって実用的な情報を意識して書い…

不感症のゾウさんのように

さあさあ今宵もお待ちかね、不孝自慢の時間がやってまいりました。 人の不幸は蜜の味とはよく言ったもので、僕の不幸が世の中の誰かの幸せにつながればそれだけで僕は幸せだなと思うのです。 人生ってタフよね。人生楽しー!ウヒョー!えなりえなりえなり!…

気がつけば外側に向けて努力をしている

特に適当な画像も見つからないので、ファンキーなゴリラの画像をお楽しみください 5年間のひきこもりを脱してからというもの、ここ数年の僕は現状から脱出するために努力をしてきたように思う。 ボヘミアンラプソディさながら「Escape from reality」な感じ…

死者に縛られる必要はない

縁起でもない、考えてもしようのないことを書きます。 もしあなたが最愛の人を失ったらどうするだろうか。 この場合、それを生涯の伴侶としましょう。 奥さんであろうが、旦那さんであろうが、ゲイの旦那さんであろうが、レズビアンの奥さんであろうがなんで…

翻訳者、翻訳家を目指そうか、どうしようか

翻訳者(家)という職業に興味がある。 煩わしい人間関係から身を引きたくて、よくネット上を彷徨うのだけれども、そこに高確率で挙がる職業が翻訳者(家)だ。 連日のように紹介している「村上さんのところ」に寄せられた読者からの質問にもこうあった。(…

Copyright Ⓒべたれば All Rights Reserved.